芍薬・牡丹・百合

東洋医学の和鍼治療院

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花

 

古来より伝わる「美しい着物姿の女性」を花に喩えた言葉です。

花は観賞用として現代でも人気があります。

しかし花の美しさと同様に、日本人に愛されてきた理由が他にもあります。

今回は、女性の健康に深く関係する花のお話です。

東洋医学の和鍼治療院の鍼灸