免疫系

免疫系は、身体の外部から侵入してくる病原菌や、内部で発生するがん細胞を排除する働きです。

もしも免疫系が弱くなると、病原菌にかかりやすくなったり、がんが発生しやすくなったりする可能性が高まります。

逆に免疫系が強くなりすぎると、弱い刺激物質にも過剰に反応するようになります。

これがいわゆるアレルギー反応であり、アトピー性皮膚炎や気管支喘息の原因になっています。

免疫系は、弱すぎても強すぎても身体に悪影響を与えることがわかっていて、適度な強さが求められます。

免疫系は、内分泌系や自律神経の支配を受けていて、栄養や環境によって大きく変わります。

栄養不足や精神的ストレスは、交感神経を優位にするため、免疫力が抑制されます。食事において甘いもののとりすぎや、緊張のない生活は、交感神経を優位になるので、リラックスしすぎによって免疫力が高まりすぎることが懸念されます。

薬に頼らず、身体にやさしい治療法があります

薬に頼らず、身体にやさしい治療法があります

薬には副作用があり、長期的に使用したくはありません。 鍼灸治療は、みなさんの体質と体調に合わせた優れた治療法です。