治癒能力の向上 

[治癒システムの働きを高める]

 

私たちは、日常的に意識する必要もなく、ある一定の状態にバランスを保つように、自動的にコントロールされるシステムを生まれながらに有しています。

一時的にバランスが乱れても、バランスの調整をしてくれるシステムのことを「恒常性」といいます。

恒常性の役割には、身体を健康に保つこと、身体を修復すること、病原菌などから身体を守ることがあります。
この仕組みに何らかのトラブルが起こると、健康を保つことが難しくなり、病を発症することになります。

病にはさまざまな症状があり、それぞれに特徴があるのですが、いかなる医学を用いても、最終的に病を治すのは恒常性による治癒システムなのです。

恒常性は、自律神経系内分泌系免疫系の3つが協調して働く必要があります。

そのため一つ一つを個別に調整するのは、とても大変なことであり、完全にコントロールすることは難しいことです。

ところが東洋医学には、「気一元論」という考え方があります。

気を調整することで、自律神経系も、内分泌系も、免疫系も、同時に調整することが可能です。

全体性という考え方と、恒常性を生まれながらに備えていることを知ってほしいと思います。

全体性という考え方は、「気一元論」という考え方と一致しています。

気のバランスを整えることは、恒常性に働きかけるのに有効な手段であります。

和鍼治療院が、東洋医学に基づいて鍼灸治療することこだわる理由です。

大阪の東洋医学

 

それを引き出すことが和鍼治療院だからできます

身体を回復する力

大阪・はりきゅうの治療効果