Iさん 40代 男性

 IさんのMRI画像 

ヘルニア発症直後

繊維輪から髄核が飛び出していることがわかります。

飛び出た髄核が脊髄神経根を圧迫し、さまざまな症状を引き起こしていることがうかがえます。

 

  (椎間板ヘルニアの病態を参考に、見比べてください)

腰部ヘルニア | 和鍼治療院 | 大阪府

 

・右くるぶしの激痛、痺れ
・右臀部付け根(ハムストリングス)の引きつりと痺れ
・両方の臀部(おしり)筋肉の緊張
・右股関節痛
・仰臥位、側臥位、腹臥位で就寝できない

・歩行障害(両方松葉杖使用 通常歩行は不可能)

 

治療を始めて3か月後

発症直後のMRIと比べると、飛び出した髄核の範囲が減少し、脊髄神経根との間に隙間が生じています。

自然治癒力により、髄核に変化が生じた可能性を感じます。

手術をしなくても、治癒することが可能です。

腰部ヘルニア | 和鍼治療院 | 大阪府

 ・どの姿勢でも寝ることができる

 ・松葉杖を使用せずに歩行が可能

 ・右くるぶしの痛みと痺れが減退

 ・右臀部付け根の緊張が減少

 ・常にあった右股関節痛は消失

 ・会社に復帰し、通常勤務が徐々に出来るようになる

 

 

 Iさんの治療経過 

既往歴として、8年前に左腕の痺れが発症しており、頚椎ヘルニアの可能性があり。

週一回ペースの治療を続けて、左腕の痺れはきれいに消失、完全に治癒する。

その後、腕の痺れは再発することはなく、治療も一時終了する。

 

6年後、腰痛を起こして再診と治療を受ける。

腰痛は改善したが、長時間座ると、足がムズムズする感じが発症し、いろんなタイプのイスを試してみるも改善しなかった。

出張で、長時間の電車で移動する機会が多くなり、その後、足の違和感と腰痛が頻繁に発症するようになる。

治療にて、その都度改善するも、仕事中に再発を繰り返すことが多くなる。

自宅でのストレッチを併用し、自主的に筋肉をほぐすことを欠かさなかったが、連休で治療を受けれなかった際に、無理に筋肉を伸ばしすぎて、かえって腰部に激痛が走る。

その後、痛みでまったく動くことが出来なくなり、そのまま救急車で緊急入院する。

MRIの結果、椎間板ヘルニアと診断、入院中、鎮痛剤で経過を診ることになる。

どの姿勢でも、痛みのために横になることができず、24時間座ったままの姿勢で過ごす。

 

入院中に、治療院に電話があり、腰部椎間板ヘルニアの治療を開始。

通常、一般的には鍼灸にて椎間板ヘルニアには効果がないとされてるが、24時間、座る姿勢で過ごすしかないIさんを、なんとか横になれるようにすることを目的に治療を行う。

座ったままで治療する日が4週間続く。

月曜から金曜日まで、週三回のペースで治療して4週間後、ようやく横向きに寝ることができるようになる。ただし、午後11時くらいに横になって寝ても、朝の4時までは痛みと痺れのため、睡眠をとることができず、その後2時間の睡眠状態が続く。

6週目、横向きになっても足の痛みや痺れをあまり感じなくなり、就寝後、スムーズに眠れる。

10週目、仰臥位で寝ることが出来るようになる。

12週目、臀部の筋肉の緊張が緩むようになり、背筋を伸ばせるようになる。それによって歩行状態が改善し、徐々に足を前に出しやすくなる。  

16週目、うつぶせになると、腰部の骨格に変化を確認できる。今までは、腰椎の部分が盛り上がり、左右に大きくゆがんでいた脊柱起立筋でしたが、骨格にアーチを確認できるまで改善する。その結果、少し後方に伸展運動が可能となり、前後の動きがしやすくなる。

右くるぶしの痺れがかなり改善し、僅かに感じる程度にまで減少する。

20週目、通常歩行が可能になり、仕事も通常通りできるようになる。

長距離を歩行した際、右の太腿裏側が突っ張る。そして股関節にも痛みを感じる。

正座の際、かかとに体重を乗せにくかったが、徐々に体重をのせれるようになる。   

 

 

その後、週一回ペースの治療を一年間継続。

左の太腿裏の緊張は僅かに残るが、普段の生活では気になることがなく、歩行にもほとんど影響を感じなくなる。

右くるぶしの痛みは痺れは、完全に消失し、まったく感じない。

最後に確認したMRIの写真には、縦の断面図しかなく、横の断面図がないので、椎間板の状態を確認することはなかったが、医者の診断では、問題が無いところまで改善しているとのこと。

治療を中断し、経過を診ているが、悪化の報告はありません。

腰部ヘルニア | 和鍼治療院 | 大阪府

資料 からだの地図帳 参照