基礎体温表は宝庫

基礎体温を規則的に計測し、ノートに付けることは、女性の身体のリズムをみるためにとても有効な手段です。

妊娠に適した子作りのタイミングを計るため、体調の変化を長い期間で把握するため、身体の状態を診断し、治療目標を決めるために重要になります。

不妊治療

妊娠に最適な体温表は、安定した低温期と、0・3度以上の差がある高温期が12日以上あることが目安です。
東洋医学的にこの状態を考えると、腎気がしっかりと安定していて、脾によって作られた血液が、肝気によって全身にスムーズに行き渡っていることになります。
妊娠力と関係する腎・脾・肝が順調であり、子宮と関係が深い衝任脈が盛んで、充実している状態を示しています。

不妊症

全体に体温が低い方は、体温をあげることができない冷え症タイプです。
私たちの身体は、ホメオスタシスの働きによって、一定の温度に保たれています。
東洋医学的には、気の働きである温煦作用によって保たれてます。

気が不足したり、流れが悪かったりすると温煦する能力が低下します。腎・脾は気の生成に、肝は気の流れに関係します。

体温が低いことは、脾と腎のパワー不足を招くため、温煦のための陽気を上げて、生命力アップを図る必要があります。

 ※温煦作用(おんくさよう)…あたためること

不妊治療

低温期が長い方は、月経後の体力の回復が遅い可能性があります。

月経後の低温期は、子宮の気血の回復段階です。

子宮の充実には腎の支えが必要ですので、治療で機能を高めることが重要です。
衝任脈を整えることも大切なことです。

 

不妊症

高温期が短い方も、腎気が弱いことが考えられます。
高温期は、腎気が主導して、肝・脾・衝任脈がそれぞれの役割を果たすことで、子宮が充実し、卵子の着床、育成が可能となります。

突発的に体温が上がり過ぎるのも、腎気の不足によって、肝気が高ぶり、気の流れに影響が出るためです。​

月経前のイライラ、胸の張り、便秘、下腹部痛などを招きます。

​肝と腎を整えると調子が良くなります。

不妊治療

きちんと体温が二層に分かれない方は、排卵が不規則となっていることが考えられます。

低温期と高温期がはっきりしないことは、陽気の発動が弱く、排卵するエネルギー不足となり、高温期に移行できていません。
排卵を助けるためには、低温期の身体の土台をしっかりと作る必要があります。