五十肩の特集 | 和鍼治療院 | 大阪府
大阪本町鍼灸

五十肩の特集

五十肩の治療について

五十肩や四十肩は、中年以降に発症しやすい肩関節の疼痛や拘縮の総称です。

それらは、肩関節やその周囲の組織に炎症を生じることから「肩関節周囲炎」と呼ばれています。

炎症の部位や炎症の程度にはいろいろと違いがあるので、それに伴って症状の出方が異なります。

 

さらに症状が出てからの時間経過によっても、症状の内容が変化する特徴があります。

症状の経過は、急性期、慢性期、回復期の3つに大きく分類できます。

急性期は、炎症があることが特徴で、肩関節内部だけでなく、その周辺組織にまで炎症が広がることがあり、激しい痛みに悩むことが多いです。

肩を動かすことなく、安静にしていても痛みが続くことがあります。

それは睡眠時にも出現し、夜間の時間帯に悪化する傾向があります。

 

慢性期は、激しい炎症が軽減し、機能障害が残るようになります。

安静にしている状態での痛みは感じなくなり、腕の挙上や、手首をひねるような回旋運動時に痛みが強くなります。

肩の稼働制限があり、後ろに手を回せなくて服を着るのに苦労したり、棚などの肩よりも上位にあるモノを取るのが困難であったりします。

 

回復期になると、肩の可動域が徐々に広がっていき、腕を動かすことでの痛みは減少します。

それでも、両腕を同時に挙上すると、痛めた肩と健康な肩では可動域に違いがあるため、身体のバランスには問題が残っており、再発や悪化させないように注意が必要です。

五十肩の特集 | 和鍼治療院 | 大阪府

鍼灸治療をおススメします

四十肩や五十肩と呼ばれる関節周囲炎は、自然に放置しても治ることもあります。

しかし、日常生活における痛みを我慢することは、とても苦痛を伴います。

さらに、肩の可動制限があるため、無理に腕を動かすと、症状を悪化させてしまい、肩関節内部の組織をさらに損傷させ、さらに回復を遅らせてしまうケースもあります。

肩腱板損傷や肩石灰沈着性腱炎へ移行することもあり、このような肩関節内部の組織の器質的変性をきたすような状態にならないためにも、早期から適切な治療を受けてもらうことをお勧めします。

 

西洋医学では、肩関節内部やその周辺の組織に、五十肩の原因を求めることが多いです。

たしかに、炎症反応自体は肩関節内部にあるため、その部分に着目することは間違いではありません。

スムーズに炎症を抑制することは、症状の悪化を防ぐために重要です。

急性期の治療は、炎症の抑制に重点を置くべきなのですが、慢性期になると可動制限を取り除くことが治療の目的になります。

肩の痛みは、腕を挙上することや、手首をひねるような動作で生じます。

これらの動作は、肩関節の筋肉だけでできることではなく、肘や手首、指の関節が関係することや、背中の広背筋、脊柱起立筋が関係するこがあります。

そのため、肩関節周囲のバランス調整では不十分であることが多く、身体全体のバランス異常を把握し、きちんと調整することが重要です。

場合によっては、股関節や腰部に問題があることや、内臓の疲れが関係することも珍しいことではなく、このことが回復を遅らせる原因となっています。

東洋医学は、身体全体の状態を把握することに優れています。

部分だけにこだわる西洋医学と異なり、全体のバランスから肩関節の状態を診ることができるので、回復が遅れている原因を見つける可能性が高いと思います。

また、診断によって治療方針を絞り込み、ひとつひとつの治療目的にあった鍼灸治療を丹念に行うので、速やかに肩関節に関係する原因を見つけ出すことができます。

内臓の疲れが関係している場合は、肩関節以外にもトラブルを抱えておられることが多く、それらも含めて改善していただけます。

全体性を重視している東洋医学だからこそ、このような治療効果を引き出すことができます。

東洋医学による鍼灸
東洋医学による鍼灸

身体のバランスを整えることを和鍼治療院は大切に考えています。治癒力を高めて、健康へと導く技術があります。

くつろげる空間
くつろげる空間

個室の空間で、ゆったりと治療を受けて欲しいと思います。 鍼灸は、身体にやさしい治療法です。

ホメオスタシス
ホメオスタシス

私たちは、「病の器」ではありません。どんな時でも、身体は元気になろうと働いています。それを助けるのが、和鍼治療院の役割です。

東洋医学による鍼灸
東洋医学による鍼灸

身体のバランスを整えることを和鍼治療院は大切に考えています。治癒力を高めて、健康へと導く技術があります。

1/6
大阪本町 腰痛治療 和鍼
和鍼おおさかようつう