夜間尿と和鍼治療院

和鍼治療院の症例

夜間尿の症例

和鍼治療院の夜間尿の症例

10代 女性Nさん

 

まだお母さんの胎内にいる頃です。

海外におられたお母さんは、そこで体調を崩し、薬を飲みました。

その後、日本に帰国し、Nさんは無事に産まれました。

生後一年近く経って、Nさんの発育に異常があることにお母さんが気づきました。

診察の結果、両方の股関節と頸椎に発育不全があり、3歳のころに手術しています。

それ以外に、尿のコントロールが難しいようで、オムツを外すことができません。

小学4年生になっていたのですが、毎日、おむつに夜間尿があります。

トイレに行きたいというサインがなく、おむつに排尿しているようでした。

修学旅行までに体質を改善することを目標に治療を始めました。
治療を始めても、すぐには夜間尿は減りませんでした。

しかし一年間の治療を続けた頃、毎日あった夜間の排尿が、週に4,5回に減少し、徐々に回数が減り始めました。

6年生になる頃には、週に1,2回にまで回数が減少。

修学旅行までに、0回を達成できるところまで減少できました。

約3年に渡る治療で、夜間尿はかなり減少し、中学に上がってからは、一度もおむつに排尿することはなくなりました。

現在は、両方の股関節の改善のため、定期的に治療を続けています。