過敏性腸症候群
大阪本町鍼灸

夜間尿の特集

夜間尿

夜間、排尿のために起きなければならない症状を「夜間頻尿」といいます。
加齢とともに頻度が高くなる傾向があります。
夜間頻尿が続くようになると、慢性的な睡眠不足の状態になります。
そのため、日中に眠たくなり、日常生活にも支障をきたすこともあります。
また、夜中にトイレに起きてしまうことは、暗い中を歩くことになり、足腰の不自由な方には、転倒による怪我や骨折の危険が増えます。
転倒によって寝たきりになる可能性もあり、転倒予防に対する心理的な負担も大きくなります。
心身への負担や危険を減らすためにも、夜間尿を減らすことが大切です。

過敏性腸症候群

夜間尿の原因

 

・夜間多尿

・機能的膀胱容量の減少

・睡眠障害

 

夜間多尿は夜間の尿量の多い状態をいいます。
高齢になるにつれて、心臓や腎臓の働きが低下することになり、夜間に尿量が多くなります。
また、抗利尿ホルモンの分泌不足や効力の発揮不全などの影響もあります。
高齢になると喉が渇きやすくなる傾向があり、ついつい過剰な水分摂取になることがあります。
この状態を東洋医学では、「陰虚」と呼んでいて、「未病」の状態です。
水分の摂取量の増加は、尿量に影響しますので、注意が必要です。
水分は飲料だけではなく、食物にも多く含まれていますので、自分で思っている以上に過剰に水分を取っていないか調べることも大切です。
    
機能的膀胱容量の低下は、前立腺肥大症、過活動膀胱、間質性膀胱炎などの病気が原因で、膀胱に尿をためておけなくなり、1回の尿量が減る状態です。
前立腺肥大をお持ちの男性の場合、夜間用の治療と合わせて、前立腺の治療も必要になります。

睡眠障害とは、眠りが浅く、ちょっとしたことで目を覚ましてしまう状態です。

ご高齢の方には、一人暮らしの方も多く、安眠が難しい環境で生活されていることも原因の一つかもしれません。

ご本人もトイレに行きたくて起きるのか、目が覚めるからトイレに行くのか、わからないとおっしゃる方が多いです。
睡眠障害には、うつ病や不眠症などの精神的な病気が関係することがあります。

さらに、睡眠時無呼吸症候群や、むずむず足症候群等病気が関連している可能性もあり、このような症状をお持ちでしたら、同時に治療を行う必要があります。

鍼灸治療は、様々な症状で悩んでおられても、同時に治療を行うことができます。

あちこちの治療院に行く必要がないので、便利で、効率が良いのもおススメのポイントです。

 

睡眠時無呼吸症候群:睡眠時に呼吸停止または低呼吸になる病気
むずむず足症候群:脚を中心に強いかゆみや痛みなど虫が這うような不快感が起こり、じっとしていられなくなる病気

東洋医学による鍼灸
東洋医学による鍼灸

身体のバランスを整えることを和鍼治療院は大切に考えています。治癒力を高めて、健康へと導く技術があります。

press to zoom
くつろげる空間
くつろげる空間

個室の空間で、ゆったりと治療を受けて欲しいと思います。 鍼灸は、身体にやさしい治療法です。

press to zoom
ホメオスタシス
ホメオスタシス

私たちは、「病の器」ではありません。どんな時でも、身体は元気になろうと働いています。それを助けるのが、和鍼治療院の役割です。

press to zoom
東洋医学による鍼灸
東洋医学による鍼灸

身体のバランスを整えることを和鍼治療院は大切に考えています。治癒力を高めて、健康へと導く技術があります。

press to zoom
1/6

鍼灸治療をおススメします

 

和鍼治療院の鍼灸は、夜間尿に非常に効果があります。

今まで治療させていただいた70代以上の高齢者の多くが、夜間尿の問題をお持ちでした。

寝る前と起床時を除いて、2回から5回まで睡眠中に行く方が多いように思います。

そもそも夜間尿を改善したくて治療院を訪れる方はそれほど多くありません。

腰痛や脊柱管狭窄症、前立腺肥大、五十肩など、他の症状で困っておられて来院され、夜間尿も同時に治療を行うケースが多いです。

東洋医学には、「異病同治」という考え方があります。

普通は、腰痛と夜間尿に関連性がないように思えるのですが、東洋医学の診断によると、根本原因が同じであることが良くあります。

そのため、腰痛や前立腺肥大、脊柱管狭窄症などの症状が楽になるにつれて、夜間尿の回数が減少することが良くあります。

その反対に、夜間尿の回数が減少してから、他の症状が楽になるケースも良くありますので、根本原因が同じなんだと改めて確認できます。

 

夜間尿を気にされない方も多いようですが、慢性的な睡眠不足になりやすく、体力低下を引き起こすこともありえます。

足腰の弱っている高齢者には、夜間のトイレへの往来は、心身共に負担が大きく、転倒の危険性もあります。

少しでも回数が減ることで、日常生活の質が高まることは間違いありません。

さらに、喉が良く乾くために水分を過剰に取られる傾向の方は、「陰虚」という未病の状態かもしれません。

陰虚は、身体の全体を潤す能力が低下している状態を意味し、筋肉が引きつりやすく、関節に痛みが出たり、耳鳴り、難聴にもなりやすい状態です。

鍼灸治療は、陰虚の調整に優れた効果を発揮しますので、のどの渇きも治まりますし、夜間用も次第に減少していきます。

90代の女性の夜間尿が、6か月の治療で、4回から2回にまで減りました。

80代の男性の夜間尿が一回の治療で、ぴったりと止まったこともあります。

2週間ほど経過するとまた元の夜間用に戻ったそうですが、これほどに効果が出る治療法は、他にあるでしょうか。

年齢に関係するすべての症状を改善しながら、夜間尿を治していくことが和鍼治療院にはできます。

夜間尿でお困りでしたら、是非とも、和鍼治療院の鍼灸治療を試してほしいと思います。

 

大阪本町 腰痛治療 和鍼
和鍼おおさかようつう