腰痛治療

和鍼治療院の症例

腰痛の症例

慢性の腰痛治療

40代男性 Mさん

 

仕事中に腰の右側に痛みが出て、徐々に悪化する。

日常的に左の大腿部から下肢に神経痛が出ることが多く、、痛みを我慢している。

10代で腰椎分離症、20代で腰部椎間板ヘルニアを発症する。

腰部ヘルニアは、初期の頃に保存療法で経過を看るも、徐々に痺れと痛みが悪化し、手術を行うことになる。

手術をしたのち、左足に神経痛が頻繁に出るようになる。

 

今回は、急性の腰痛を発症されて、和鍼治療院に来院されました。

仕事が忙しく、これ以上腰痛が悪化しても休むことができないので、何とかしてほしいとのことでした。

ご予約の電話の際に、ヘルニアの手術をされていることを気にされていました。

「ヘルニアの手術をしていると施術ができない」と断られることがあるそうです。

和鍼治療院の鍼灸治療は、東洋医学に基づいて行いますので、ヘルニアの手術をした関節に外部から圧力をかけるようなことはありません。

ヘルニアの手術の有無は一切関係なく治療できますので、安心して施術を受けてもらうことができました。

 

普段は、左足の大腿部付近から下肢にかけて痺れがあるそうですが、今回は右足に体重をのせると右の太ももに痛みが出るようです。

最近、立ち仕事からデスクワークに変わられたそうで、椅子に座って仕事をするようになってから腰痛が出始めたとのことです。

 

体表観察をすると、骨盤と股関節に問題があることがわかりました。

骨盤の調整と股関節の調整を行いました。

その後、腰の状態を看てもらうと、3割ほど痛みが軽減したとのことでした。

 

次の焦点は、ヘルニアに関係していると思われる腎気の調整です。

睡眠時間が平均4~5時間と短く、疲労の蓄積が見受けられます。

左の大腿部から下肢にかけて、背部の筋肉の緊張があります。

右足と比較すると左足の緊張は明らかに強く、筋肉の緊張の左右差は歴然としていました。

治療に使うツボは、左ふくらはぎ中腹の「承山」を選びました。

その後、腰の状態を看てもらうと、さらに4割ほど痛みが軽減し、先ほどと合わせると約7割の改善となります。

 

この日、最後の調整は消化器でした。

帰宅されるのが10時を過ぎることが多く、食事の時間が遅く、しかも不規則になりがちだそうです。

腹部のみぞおちあたりに緊張があり、背部にある胃のツボにも反応を確認しました。

意外かもしれませんが、胃に負担をかけたことで腰を痛めることは珍しいことではありません。

左足の指先にある「衝陽」を選穴しました。

その後、腰の状態を看てもらうと、ほとんど違和感がないところまで改善したとのことでした。

9割以上の痛みが取れて、右足に体重を乗せても痛みや痺れは出なくなりました。

 

デスクワークになってからの腰痛ということでしたので、普段から座る姿勢に気を付けてもらう必要を感じました。

そのため、養生としての座り方を少しレクチャーしまして、治療を終えることにしました。

 

腰部ヘルニアの手術の経験があり、しかも坐骨神経痛が頻繁に発症するMさんの急性腰痛ですが、1回の治療でかなり改善できました。

腰痛治療には時間がかかると思われる方も思われますが、このように短期間で改善することの方が多いのです。

 

和鍼治療院の腰痛治療は、骨格への負担がありませんので、安心して受けてもらえるのも特徴のひとつです。