夏の終り

自然死

夏は冬に憧れて、冬は夏に帰りたい ♫

あの頃のこと今ではすてきに見える ♫

 

1978年のオフコースの名曲、「夏の終り」の冒頭です。

私の大好きな曲の一つですが、季節の移り変わりと恋の移ろいを対比して、男女のせつない恋心がしみじみと伝わってまいります。

 

  「夏は冬に憧れて、冬は夏に帰りたい ♫」

 

陰と陽の対比を上手に用いて、恋心を見事に表現しているように思います。

 

陰陽論は、陰と陽の「対立」という二元論に目が向けられがちです。

ところが、陰が陽を生じ、陽が陰を生じるというお互いに生み出しあい、そして助け合うことで、大いなる調和に至るという考え方もあります。

それゆえに、陰陽論は「一元論」と呼ばれます。

これは、西洋の二元論と大きく異なる点です。

しかも、すべてのものは「固定的」ではなく、移り変わりながら「循環」するという考え方があります。

 

  「あの頃のこと今ではすてきに見える ♫」

 

恋心も移ろい、変化するものであり、最後には失恋を迎えることもあります。

 

  「でもあなたが私を愛したように ♫

   だれかをあなたが愛しているとしたら ♫

    あゝ時はさらさら流れているよ ♫」

 

恋心は、切なく感じますが、循環するものなんですね。

 

このように陰陽論における循環の理論は、森羅万象の移り変わりを的確に表現することにあります。

 

 

薬に頼らず、身体にやさしい治療法があります

薬に頼らず、身体にやさしい治療法があります

薬には副作用があり、長期的に使用したくはありません。 鍼灸治療は、みなさんの体質と体調に合わせた優れた治療法です。