大阪鍼灸の和鍼 薬の特集

鍼灸珍百景

治療には、いろいろなドラマがあります

 

東洋医学を実践することで、新たな学びがあり、不思議な経験を数々してきました

 

そんな知って得する情報を集めてみました

 

和鍼珍百景

生命活動において最も重要な気 それが「胃の気」です。

重病になればなるほど、胃の気に神経を配る必要があります。

和鍼治療院の鍼灸珍百景の記念すべき第一話は、「胃の気」についてご紹介したいと思います。

大往生といえば、「老衰」ではないでしょうか。

老衰は、自然死であります。

治療師となった頃、ある患者さんから老衰についてお聞きしたことがあります。

「飲まず食わずで、きれいに天寿を迎えること」

後に祖母を老衰で看取ることになるとはこの時は思いませんでした。

実際に私が経験した看取りをご紹介。

養護施設にお世話になっていた祖母が、老衰の状態になって10日目に他界しました。

苦しむことなく、静かに眠る祖母の姿にいろいろと葛藤がありました。

 

腰部脊柱管狭窄症を抱える70代後半の女性Hさんのお話です。

この症状は完治が難しいことが多く、根気強く治療を継続する必要があります。

初診時から2か月間の記録をご紹介します。

 

漢方に学ぶ薬育
薬の特集 和鍼ちりょういん
身体のバランスを整えるために
身体のバランスを整えるために

press to zoom
静かで、くつろげる治療室
静かで、くつろげる治療室

press to zoom
自然と共に生きること
自然と共に生きること

変化に適応できる身体になる

press to zoom
身体のバランスを整えるために
身体のバランスを整えるために

press to zoom
1/6

和鍼治療院の最新ブログ

薬育と漢方 東洋医学