人気の投稿
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Google+ Basic Square

風邪の治療例 「鼻水」前編


80歳代の女性Sさんは、難聴と耳鳴

りがあり、腰痛、肩こり、膝関節痛、不眠症など、いろいろと不定愁訴があり、普段から自宅で安静にしていることが多いおばあちゃんです。 この日は鼻水と痰が多く出るので、何とかして欲しいということでした。 実は3日前にお孫さんから電話があり、『おばあちゃんが夕方から「胃が痛む」といって呼吸も苦しそうな状態なので、どうしたら良いですか』と相談を受けていました。 その日の早朝に治療をしていたのですが、この時点ですでに初期の風邪引き状態でした。 ご本人が自覚する前の段階であり、風邪の調整もしっかりとしたはずでした。 ほとんど場合、この時点で治ることが多いのですが、時々、逆に発熱が起こることもあります。 その時の治療中の会話では、お昼ごはんにたこ焼きを食べる予定で、それを楽しみしておらる様子でした。 お孫さんから電話があったのが夕方の6時ごろで、食後5時間は開いていることが判明し、食事が原因ではないと予想しました。 「胃が痛む」ことに間違いないのか、もう一度お孫さんに頼んで確認を取ってもらったのですが、おばあちゃんの返事は同じでした。 吐き気や下痢がなく、夕方の時点では発熱もないとのことでした。 難聴のため、これ以上のことは電話では聞き出すことができないと思い、すぐに治療を薦めたのですが、二日後の治療まで様子を看たいとのことで、経過だけでも連絡をもらえるようにお願いして電話を置くことにしました。 翌日、電話があり、胃の痛みはすぐに良くなったそうで、夜中に38度を超える発熱があったそうです。 そして、胃の痛みと思っていたのは、実はみぞおちの痛みであったこともわかりました。 食欲もあり、安静にして様子を看たいとおっしゃるので、解熱剤だけは使わないように指示をして翌日の治療を待つことにしたのです。 治療日、診断ではすでに風邪の状態ではなく、体質に関係する症状がある普段の状態でした。 鼻水と痰に関係する反応は治療途中から出ていたので、それも加えて治療しました。 すべての調整が終了する頃には、鼻水と痰が軽減し、ガラガラしていた声も改善し、喉のとおりが良くなりました。 先ほどまで痰の薬を飲まないといけないと言っていたおばあちゃんも、「これなら飲む必要がなさそうだ」と、ようやく納得してもらえたのでした。

後編につづきます。