人気の投稿
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Google+ Basic Square

そして、大を選択


70代の女性Tさんは、30代後半から関節リウマチを発症し、現在は手指の関節の変形が著しく、買い物袋を持ったり、包丁で堅いものを切ったりするような握力を必要とする作業で指の痛みが悪化します。

ここ数年は、鍼灸治療を地道に続けてきた効果で、健康状態が順調に改善し、手指の変形も進行が止み、痛みもほとんどでることがなくなりました。

ところが、今年の10月ごろから握力を必要とする作業が増加したため、老化の影響もそれに加わり、最近は手指の関節に痛みが頻繁に出るようになっていました。

そんな最中、年末に、あるイベントがあり、その準備のため、連日掃除の手伝いに行きました。

手伝いに行く前から指の痛みが悪化することは、十分、予想できていました。

しかし、どうしても参加しないといけない用事だったので、手指の関節の状態を看ながら無理をし過ぎないように、治療中に養生指導しています。

ご本人もいろいろ工夫して、指への負担を軽減するようにしてみたようですが、手指の痛みは思いの外、悪化し、次の治療まで様子をみることができないほどになりました。

Tさんは痛みの不安を抑えきれなくなり、痛み止めの薬を薬局で買い求めてしまいました。

久々に使用した薬はとても効果があったようで、たった1錠で指の痛みが消失しました。

それから2日後に鍼灸治療をしたのですが、この時も指の痛みはありませんでした。

私はTさんが消炎鎮痛剤を使用するとは想像していませんでしたので、何もしらずに治療に入りました。

その治療当日のことを詳しく振り返ります。

最初の問診でお聞きしたのは、やはり指の痛みに関することでした。

ところがTさんの返事は意外なもので、「指の痛みがない」とのこと。

問診しながら、「そんなことがるのか」と不思議に思いました。

望診していると、顔色がいつもと異なり、つやがなく、唇の色にも赤みがなく、むしろ青く見えました。

身体が冷えないかどうかを聞きましたが、冷える感じはそれほどないようです。

次に脈診をすると、ストレスの反応があり、いつもと違うことが瞬時にわかりました。

この時点で、ますます疑問が生じるようになりました。

なぜなら、ストレスがあると通常ならば痛みが悪化するはずなのですが、Tさんの手指には全く痛みがなく、大きな矛盾がそこにはあったからです。

「おかしいな」と独り言をブツブツつぶやきながら最初の鍼を打ち終わったら、ようやくTさんは市販の痛み止めの薬を飲んだことを打ち明けたのでした。

このことで、一連のおかしい事態の意味がすぐに理解できました。

この日の治療内容は、前半部分がストレスに関する治療でした。

後半部分は、いつもと同じ治療内容でしたので、ストレスの治療が普段の治療に比べて増加したことになります。

ストレスの治療を加える必要になった理由は、痛み止めの薬の服用以外に考えられませんでした。

ストレスの治療をすることで、指の痛みがかなり軽減したことも、その裏付けとなりました。

そのため、今後、薬の副作用が出る予感がしたので、どのような症状が出るのか不安でしたが、様子をみるしか方法はないのでしばらく経過を観察することになりました。

次回へつづく